Level 4 情報発信ビジネス

004-1

「情報発信ビジネス」とは

情報発信ビジネスとは、情報を発信し、あなたの「ファン(フォロワー)」を集め、彼らに対して、商品やサービスの提案をして収益を上げるビジネスモデルを指す。

 

例えば、あなたが「ダイエット」をテーマに情報発信をしたとする。それを、ブログやメルマガを使い、情報を発信していく。主な収益源は、情報教材(情報商材)のアフィリエイト。もちろん、次で紹介する「コンテンツ販売」で、自分の商品を販売することも出来るし、コンサルティングやセミナー募集など、様々な形でのマネタイズが可能。

 

あらゆるジャンルとの相性が良いビジネスモデルなので、これからの「個の時代」を生き抜く上で絶対に取り組むべきビジネス。「アフィリエイト系の情報発信」「ダイエット系の情報発信」「恋愛系の情報発信」など、あなたの知識や特技を活かすことの出来るビジネス。

 

 
 

以上の作業フローで強力な「WEBメディア群」を構築し、あなたの情報発信力を強化する。あなたの情報発信力が強化されれば、情報発信ビジネスだけで月に数百万円から1000万円以上目指すことも可能になる。情報発信ビジネスは、まさにこれからの時代にマッチしたビジネスなので、出来るだけ早く取り組んでいこう。

 
 

メディアミックス戦略

情報発信ビジネスおいては、ブログ、メルマガ、Facebook、Twitter、Youtubeなどの複数のWEBメディアを活用したメディアミックス戦略をとるのが一般的。その中でも、特に「ブログ」と「メルマガ」の連動は強烈な売上を叩き出すのでメイン媒体として構築する必要がある。

 

ブログ

ブログ(blog)とは、ウェブログ(weblog)の略語で、誰でも簡単に記事を作成・投稿できるよう欧米で開発されたHTML簡易構築システムのことを指す。すでに、「Level 3」でブログアフィリエイトを実践したので、ブログ運営については問題ないだろう。

 

基本的に、情報発信ビジネスにおいては、メインブログとして1つのブログを構築する。長く育てていくタイプなので、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーにWordpressをインストールして使用する。

 

WordPress

https://ja.wordpress.com/

 

ブログは、PULL型媒体と呼ばれる「待ちの媒体」。メルマガのように一斉に情報を伝達させることは出来ないが、その代わりに「データベース性」に優れている。つまり、ブログ記事を書き溜めることで、ブログ自体が膨大な情報を集めたデータベースとなる。

 

ブログが育てば、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンからほったらかしで集客出来るようになる。自動集客装置としてブログは強力な効果を発揮するので、じっくり時間をかけて育てて欲しい。また、大型ブログはそれだけでブランディング効果もある。

 

メルマガ

メルマガ(mailmagazune)とは、読者に対してメールを一斉送信する仕組みを指す。メルマガには様々なメルマガ配信スタンドがあるが、その中でも「まぐまぐ!」は老舗のメルマガ配信スタンドでユーザーも多い。

 

まぐまぐ!

http://www.mag2.com/

 

ブログが「PULL媒体」であるのに対して、メルマガは「PUSH媒体」と呼ばれ「攻めの媒体」。メルマガ読者のメールボックスというプライベート空間に情報を直接送ることが出来るため「WEB上の営業マン」としての役割が強い。

 

ブログのようなデータベース性はないが、その代わりにメルマガ読者に一斉に情報を伝達することに優れており、現状、情報発信力としてはWEBサーバー上で最強の威力を持っている。

 

データベース性に優れた「ブログ」と爆発力のある「メルマガ」の連動は、2005年頃から確立されたインターネットビジネス最強の仕組みの一つ。情報発信ビジネスを行う上で、ブログとメルマガは外すことが出来ない。

 

Twitter

Twitterは、SNS(ソーシャルメディア)の一つで「ミニブログ」とも呼ばれる。文字数140文字という制限があり、文章を「つぶやく」ことで情報を発信する。「リツイート」と呼ばれる「投稿を拡散する仕組み」があり、共感を生む投稿をした場合、一気に拡散することがある。

 

Twitter

https://twitter.com/

 

また、文字数140文字という制限があるため、「要約力」が必要になり、Twitterで情報発信をすることで「まとめる能力」が養われる。ブログやメルマガには基本的に文字数制限がないためダラダラ長くなることがあるが、Twitterは140文字にいないに伝える必要があるため、出来るだけ簡潔に要点をまとめなければならない。

 

主に、「ブログ」「メルマガ」を援護射撃する集客装置としての役割を果たすことが多い。

 

Facebook

Facebookとは、世界最大のSNS(ソーシャルメディア)で、主に「原則、実名登録」という特徴がある。Twitterが匿名性が高いのに対して、Facebookは実名で活動する人が多いため、より「濃い」コミュニケーションをとることが出来る。

 

Facebook

https://www.facebook.com/

 

Facebookには「シェア」という仕組みがあり、あなたの投稿した記事が役に立つものであったり、共感出来るものであれば「シェア」され、それは拡散していく。ブログの記事URLを自分でシェアすることも可能であり、Twitter同様に、集客装置として使用することが多い。

 

逆に、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでは、「商品を売ること」は敬遠されがちであるので、あくまで「コミュニケーションツール」であることを前提に活動しなくてはいけない。あまりに売り込み色が強い投稿は、フレンド離れやブロックなどを招きやすい。

 

Youtube

Youtubeは、無料で使える動画共有サイトとして最も有名なサービス。以前は、動画メディアは、インターネットの通信速度の問題で今一つ流行しなかった。しかし、近年のインフラ整備のおかげで、動画もストレスなく、パソコンやスマホで閲覧可能になった。そのため、最近では動画を中心とした「動画マーケティング」が流行している。

 

Youtube

https://www.youtube.com/?gl=JP&hl=ja

 

情報発信において、文字媒体や画像などが主流であるが、文字だけでは伝えきれない情報を伝えるのに動画は適している。例えば、「セミナー動画」をYoutubeにアップロードすれば、通信講座のように自宅で授業を受けることも出来るし、パソコンの使い方なども動画の方が解説しやすいケースが多い。

 

また、一時期流行した「プロダクト・ローンチ」と呼ばれるマーケティングを仕掛ける場合は、基本的に「動画」を駆使し、高額商品をセールスるするのが一般的だ。動画による情報発信は、文字だけでは伝えることが難しい臨場感を与えることが出来るので、是非、効果的に連動していこう。

 
 

情報発信ビジネスの成功事例「堀江貴文氏」

様々なWEBメディアをミックスし、情報発信ビジネスを成功させている事例として日本で最も有名な人物が「堀江貴文氏」だろう。ブログ、メルマガ、Youtube、Twitter、Facebook・・・あらゆるWEBメディアで情報を発信し、ファン(フォロワー)を獲得している。

 

ホリエモンドットコム(ブログ)

http://horiemon.com/

 
 

堀江貴文のブログでは言えない話(メルマガ)

http://www.mag2.com/m/0001092981.html

 
 

ホリエモンチャンネル(Youtube)

https://www.youtube.com/user/takaponjp

 
 

堀江貴文ツイッター(Twitter)

https://twitter.com/takapon_jp?lang=ja

 
 

堀江貴文ページ(Facebook)

https://www.facebook.com/takafumi.horie?fref=ts

 

堀江貴文氏のWEBメディアで特に驚くべき点は、「全ての媒体が相当のパワーを持っている」ということだ。例えば、有料メルマガの読者は2万人を超えているし、Twitterのフォロワーも200万人を超えている。

 

通常、いずれかの媒体にパワーが偏るケースが多いのだが、堀江貴文氏の場合は、全ての媒体が強力なメディアに育っており、情報発信力を持っている。このレベルまでメディアが育てば、広告費だけでもかなりの金額になる。一例だが、堀江貴文氏のTwitterに広告を出すと一回のツイートで広告費50万円だそうだ。

 

有料メルマガだけでも年間2億円以上の収入があるし、影響力のあるWEBメディアを持つことが出来れば、あらゆる方法でマネタイズすることが可能になるのがおわかりになるだろう。

 

もちろん、彼は一代で会社を上場させ、テレビ局の買収をはじめとして、マスメディアにも取り上げられた有名人なので、一般人に彼の真似は難しいだろう。しかし、日本で一番成功している情報発信ビジネスのモデルなので、学ぶべきことは多い。

 
 

情報発信ビジネスの秘訣

情報発信ビジネスでは、様々なWEBメディアを連動させ、情報を発信しファン(フォロワー)を獲得していくが、本質的には情報発信ビジネスで成功する秘訣は以下の3つに集約される。

 

1.「質の高い情報」を発信する

まず、前提として「情報の質が高い」ということ。すなわち、読者にとって役立つ情報・面白い情報を発信する必要がある。特に、現代は様々な情報が溢れており、その中から「選んで」もらうためには、他の情報と差別化した質の高い情報を発信しなければならない。

 

2.「定期的に」情報を発信する

さらに、情報は定期的に発信しなければならない。例えば、日刊、週刊、月刊のように定期的な情報発信を継続する必要がある。不定期な情報発信では、読者は飽きてしまい、あなた以外の情報発信者の方に流れていくかもしれない。自分に無理のないレベルで、定期的な情報発信をする必要がある。

 

3.出来るだけ「多くの人」に情報を発信する

情報を受け取る人の「母数」を増やす必要がある。10人しか読者のいないメルマガと1万人の読者がいるメルマガでは、影響力が全く違う。あなたの情報を受け取る人の数が多ければ多いほど、より多くの人を動かすことが出来るので、常に集客し、読者を増やす努力をしなければならない。

 

以上3つを意識し、情報を発信することで確実にあなたのファン(フォロワー)の信頼残高は増大していくだろう。情報発信ビジネスにおいて、「ラポール(信頼関係)」を築くことが最も重要であり、課題だ。そして、そのためには、まず「継続」して情報を発信し、信頼関係を構築することに注力しよう。

 

信頼関係は一朝一夕では、築けないが、じっくりと時間をかけることえ、あなたと読者の信頼関係は堅固なものになるだろう。

 
 

まとめ

旧世界のビジネスモデルが衰退する中、情報発信ビジネスは今後ますます注目されるビジネスになる。斜陽産業であるマスメディアよりも、個人でマスメディア以上に影響力を持った情報発信者が今後生まれ、ビジネスを動かしていくのは間違いない。

 

詳しく学ぶには、以下の教材を推奨している。

 

Unlimited Affiliate NEO
http://www.unlimited-affiliate.jp/

 

 

アンリミテッドアフィリエイト

CLUB公認教材ランキング

CLUB代表 小林が実際に教材内容を確認し検証した上で、厳選したCLUB公認のアフィリエイト教材。
現在、小林が推薦出来る教材は数あるアフィリエイト教材の中でこの三つだけ。